2008年02月10日

11カ月前のギョーザまで汚染判明、サリン餃子の禍まだまだ広がる

11カ月前のギョーザも汚染されていた。中国製冷凍ギョーザ中毒事件は9日、徳島県内の
生協のギョーザ3袋からも有機リン系農薬成分「ジクロルボス」が検出された。西日本で
この成分が検出されるのは初めてで、消費者の間では不安がさらに広がった。

「人の口に入らなかったのが幸いだが、本当に怖い」。徳島県石井町に住む女性(75)は、
同町内の「とくしま生協コープ石井」で売られていた「CO・OP手作り餃子(ギョーザ)」から
ジクロルボスが検出されたことに不安な表情を見せた。女性は1年前、同店でギョーザを
買ったといい、「最近は商品の裏側を見て、産地を確かめています」。

同生協は1月末の中毒事件発覚後、「手作り餃子」を含む中国河北省の天洋食品製の
商品を店頭から撤去していた。阿部和代理事長は「8日までの報告では異状はなく安心
していた。実際に検出され、驚いている」と話した。

同生協のギョーザを検査した徳島県保健環境センターから、徳島県庁にジクロルボス検出の
連絡が入ったのは9日午後3時。再度検査した結果、検出が確定したため、厚生労働省に
連絡した。県は同日夜、危機管理会議を開き、飯泉嘉門知事ら幹部31人が集まって
対応を協議。飯泉知事は「県民に冷静に対応して頂きたい」と呼びかけた。

県によると、とくしま生協がこれまでに回収した77袋のうち、17袋について包装袋検査が
終わった。ジクロルボスが検出された包装袋は県警に提出しており、残りも10日から
検査を進めるという。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200802090116.html

4902210419893.jpg


以上です!おもしろい思っていただけたら是非クリックを〜♪

banner2.gif他にも特ア情報満載→←アジアの濃ゆいニュースブログランキング必見!!

posted by 壮 健美(健ちゃん) at 17:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 食の安全ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年02月11日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83342172

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。