2008年02月05日

今度は偽装牛肉!?毒性物質の有無は?

今度は偽装牛肉が中国で見つかったとの話。
今までの偽装食品はたいてい体にも害の有る薬品を
使ってたので安全性は報道されてないけど不安だよね、、

偽装卵
http://anzenfood.seesaa.net/article/52584209.html
ニセ塩(流通量大)
http://anzenfood.seesaa.net/article/41362688.html
着色ピータン
http://anzenfood.seesaa.net/article/52564127.html

中国江蘇省南京市内の市場でハムと小麦粉を加工した偽装牛肉約80キロ分が
1日、市当局の抜き打ち検査で発覚した。
2日付の地元紙「揚子晩報」によると、見た目は牛肉と見分けがつかないが、
カットして指で触れると容易に肉崩れするため、偽造牛肉と分かるという。

偽造牛肉を40数元(1元=15円)で購入した地元主婦は鍋料理で肉を入れると、
粉々になって肉片がなくなったことを証言。
同市場では豚肉価格が通常、500グラム16元前後であるものを12・5元で販売したり、
漬け物類も製造年月日が表記されないまま違法販売していた。

中国内では偽造牛肉を本物の牛肉として市場で売る
「人造牛肉」販売の発覚するケースが増えており、
中国のネット掲示板やブログには「人造牛肉」の作り方について
詳細にノウハウを解説して書き込む内容すら多数存在する。
当局が抜き打ちで取り締まってもモグラたたき状態で、
北京五輪を控えながら食の安全管理は必ずしも徹底されていないのが現状だ。
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/080202-203733.html

以上です!おもしろい思っていただけたら是非クリックを〜♪

banner2.gif他にも特ア情報満載→←アジアの濃ゆいニュースブログランキング必見!!
posted by 壮 健美(健ちゃん) at 12:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 食の安全ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知ってる?国内の年老いたホルスタインとか、海外から安い痩せた牛肉を輸入して、工場で牛脂を肉に打ち込んで立派に売っているのは日本の大手の企業ですよ。それも偽装だと思うけど。
Posted by 通りすがり at 2008年02月07日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82503587

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。