2007年06月14日

またまた、豚のウイルス性伝染病、1万8597頭死ぬ

中国農業省は11日、今年1月から5月までの間に、全国22省で「豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)」が相次いで発生し、豚4万5858頭が発病し、1万8597頭が死亡したと発表した。

 農業省は各地方当局と協力して、感染拡大防止のため5778頭を処分したほか、ワクチン投与を行ったという。

 PRRSは1990年以降、世界各国に広がった豚のウイルス性伝染病で、母豚が発病すると、死産や流産が増え、分べん率が低下する。子豚の場合は肺炎を起こし、衰弱死することも少なくない。ただ、人には感染せず、感染豚を食べても影響はないとされる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000414-yom-int
posted by 壮 健美(健ちゃん) at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の安全ニュース(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44869047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。